PRP療法でアレルギー反応が起こる?治療の安全性について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP療法とは、自身の血液を利用して気になる皮膚症状やスポーツ外傷・障害を改善させる治療法の一つです。アレルギー症状を懸念する声もありますが、PRP療法におけるアレルギー反応のリスクは他の施術と比べると比較的低いという説も存在します。

そこで今回は、PRP療法のアレルギー反応について解説します。

PRP療法はアレルギー反応が起こるリスクは低い

PRP療法は、自身の血液を利用しているので副作用やアレルギー反応、異物反応のリスクが少ないことがメリットとして挙げられます。

ヒアルロン酸注射との違い

ヒアルロン酸もPRP療法と同じ注入施術で使用され、アレルギー反応も起こりにくいと言われていますが、体質やヒアルロン酸の品質によってはアレルギー反応が起こる可能性があります。

反対に、PRP療法の場合は、上記の説明通り自身の血液を利用しているので不純物質などが含まれることはなく、アレルギー反応を懸念される方にとっては最適な施術とも言えます。

アレルギー反応が起きてしまった場合の対処法

PRP療法は、他の施術と比べアレルギー反応が起こりにくいとされています。しかしごくまれに副作用としてアレルギー反応が現れるケースもあります。万が一、アレルギー反応が発症した場合、早急にクリニックに相談しましょう。

多くの症例数や実績のあるクリニックの医師ならば、起きてしまったアレルギー反応の対処法を素早く判断してくれるでしょう。

プレミアムPRP皮膚再生療法ならアレルギー反応などの副作用も起こりにくい

聖心美容クリニックでは44,000件を超える症例数と長年の研究によって、アレルギーなどのリスクを最小限に抑える【プレミアムPRP皮膚再生療法】をお勧めしています。

PRPに成長因子を添加したものを注入する施術方法で、クリニックに在籍している医師のたゆまぬ努力と研鑽によって、一人一人の希望を叶える最も効果的な「注入量」「比率」「注入箇所」などを見極めることが可能になりました。それにより、術後のリスクが限りなくゼロに近い施術となり、実際に受けた患者様も「腫れやしこり、アレルギー反応などの副作用が気にならない」と好評です。

コンプレックスであるシワなどの症状を改善するだけでなく、”より安全に”施術を受けたいのであれば、聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

佐々木 直美の写真 記事監修: 佐々木 直美医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加