PRP皮膚再生療法による目の下のクマ・たるみ治療の腫れはどのくらい?

伊藤 秀憲の写真 記事監修: 伊藤 秀憲医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法で、目の下のクマ・たるみを改善したいと思っていても、施術後の腫れが気になり施術に踏み出せないというケースも少なくありません。しかし、PRP皮膚再生療法で起きる腫れはあまり目立つことが無いと言われています。

そこで今回は、PRP皮膚再生療法で起こる腫れについて紹介します。

PRP皮膚再生療法による目の下のクマ・たるみ治療で起こる腫れはどのくらい?

PRP皮膚再生療法で目の下に注入した後に、腫れや内出血が起こる場合があります。原因として、針で注入することにより毛細血管が傷付けられ皮膚の内部で出血が起こることが考えられます。それにより内出血や腫れが発症してしまうのです。

腫れ症状は、施術当日から2~3日がピークとなり、1~2週間で軽減すると考えられています。個人差や施術部位によって期間は異なりますがいずれにしてもあまり目立たず、メイクでカバーすることが可能と言われています。

PRP皮膚再生療法による腫れを起こさないための対策

施術当日の飲酒、激しい運動、入浴、サウナは控えましょう。いずれも血行促進効果があり、内出血や腫れを長引かせる原因となります。また、フェイシャルマッサージなどの強い刺激も避け、できるだけ傷口を清潔な状態に保つことも大切です。

腫れが起きた場合の対処法は冷やす

腫れの症状が出た場合はすぐに冷やしましょう。腫れは、皮膚の内部で出血し、炎症などが起きている状態です。まずは早めに冷やし、安静にし、圧迫することで出血を止めることが重要です。

保冷剤にタオルを巻いたものや氷嚢などを使って、医師の指示に従って対処しましょう。冷たいものを直接皮膚に当てると、表面が凍傷を起こしてしまう恐れもあるので注意してください。

目の下の腫れが気になる場合はクリニックに相談しましょう


一定の期間が過ぎても腫れが一向に引かない場合は、クリニックに相談しましょう。また、腫れ以外にも赤みや熱感が続く場合は、早めの治療が必要になってきます。

プレミアムPRP皮膚再生療法なら術後の腫れも最小限に!

聖心美容クリニックは長年再生医療分野で研究を重ね、その研究の末に辿り着いた【プレミアムPRP皮膚再生療法】という施術方法を提供しています。

【プレミアムPRP皮膚再生療法】は、44,000件を超える豊富な症例数と、その過程で見えてきた課題などにも向き合ってきた結果、腫れや内出血といった術後のダウンタイム

症状が発症する割合も限りなくゼロに近い施術となりました。実際に、聖心美容クリニックのプレミアムPRP皮膚再生療法を受けた方の声として、「施術後の腫れやしこりといった副作用は気にならない」と好評を得ています。

PRP皮膚再生療法を受けたいけれど術後の腫れが心配なのであれば、聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

伊藤 秀憲の写真 記事監修: 伊藤 秀憲医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加