目の下のクマ・たるみへのPRP皮膚再生療法によるダウンタイムについて

西田 真の写真 記事監修: 西田 真医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは目の下のクマやたるみ部分に注入することにより、若返り効果が期待できる再生医療の一つです。このPRP皮膚再生療法も他の施術と同じようにダウンタイムがあります。

今回は、目の下のPRP皮膚再生療法におけるダウンタイム時に起こる症状やケア方法をご紹介します。

目の下のくま・たるみへのPRP皮膚再生療法のダウンタイムに起こる症状

痛み

施術後の数日間、じんじんとした痛みを伴う場合がありますが、痛み止めの服用で緩和されるケースが多いと言われています。

内出血・腫れ・赤み

施術後、内出血・腫れ・赤みの症状が出る場合がありますが3日~2週間程度で落ち着きます。個人差はありますが、ほとんどの症状が目立ちにくいと言われています。

傷跡

目の下は皮膚が薄いため、ごく稀なことですが注入箇所に内出血の痕跡や針跡の色素沈着が小さく残る場合もあります。体質にもよりますが1〜2ヵ月程度で薄くなり目立たなくなるようです。気になる場合はメイクでカバーすることも可能です。

ダウンタイムの過ごし方のポイント

圧迫を避ける

皮下に柔らかいゼリーが注入されていることをイメージしていただければ、強い圧迫やマッサージなどが不適当であることはご理解いただけると思います。メイクや洗顔など日常的な動作は問題ありませんが、例えば水泳のゴーグルをつける、といったことはダウンタイム期間中は特に避けていただく必要があります。

血行を促進するような行為を避ける

施術当日、激しい運動や飲酒はせず、また、入浴やサウナは避けシャワーにとどめましょう。血行促進効果により、血流が活発化し疼きが増したり、施術部の内出血や腫れが長引いたりするケースがあります。

基本的に翌日以降からは問題ないとされていますが、万が一腫れや赤みなどの症状が出ているのであれば控えた方が良いでしょう。

ダウンタイムが長引いている場合は早急にクリニックへ相談しましょう

目の下のPRP皮膚再生療法施術後、ダウンタイムが長引く場合も稀にあります。その場合、クリニックの医師に相談しましょう。

PRP皮膚再生療法によるダウンタイムを短くするために気をつけること

PRP皮膚再生療法は、比較的新しい再生療法です。とくに成長因子を添加するPRP皮膚再生療法の場合、症状のある部位、自身の年齢、皮膚状態から「配合率」「注入量」「注入場所」を見極める技術が求められます。

これを誤ると、思わぬ失敗・トラブルを引き起こしてしまいます。失敗などのリスクを負わずにしっかりと効果を出すためには、PRPの専門性と技術力の高い医師・クリニックを選ぶことが大切です。

プレミアムPRP皮膚再生療法ならダウンタイムの症状も気になりにくい

聖心美容クリニックでは【プレミアムPRP皮膚再生療法】と呼ばれる、PRPに成長因子を添加したものを注入する施術方法をお勧めしています。

この【プレミアムPRP皮膚再生療法】は、44,000件を超える症例数と長年の研究により注入時の高い技術力を誇っています。そのため、従来のPRP療法でありがちな注入後の腫れや内出血、しこりなども極力抑えた治療を行います。

PRP療法を受けたいけれど、腫れや内出血といったダウンタイムが心配…という人は、リスクを抑えて高い効果を実感できる聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

西田 真の写真 記事監修: 西田 真医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加