成長因子を含むPRP皮膚再生療法の危険性|しこりや膨らみができてしまう?

美原 寿之の写真 記事監修: 美原 寿之医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法は2種類あり、PRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)に成長因子を添加する方法、添加しない方法で分かれています。成長因子を添加する場合は気になるシワやたるみなど皮膚症状の改善効果に加えて、ヒアルロン酸などの注入療法に近いボリュームアップなど高い効果が期待できますが、施術後にリスクを伴う可能性があると言われています。

今回は、近年支持されているPRPに成長因子を含む場合の危険性、また起こりうる副作用について紹介します。

PRP皮膚再生療法で使用する成長因子とは

成長因子とはもともとわたしたちの体の中にある物質で、たんぱく質の一種と言われています。細胞の成長やターンオーバーなどを促進する効果があります。「増殖因子」「細胞増殖因子」とも呼ばれています。

基本的に、高い安全性が確立されているので、成長因子そのもので副作用を起こしたり拒絶反応を起こしたりする可能性は低いと考えられています。

成長因子を含むPRP皮膚再生療法の危険性


成長因子を添加するPRP療法は、高い効果が期待できる一方で、「膨らみ」や「しこり」ができてしまうリスクがあります。

PRP(多血小板血漿)を過度に注入してしまったり、配合比率を誤ってしまったりすることで組織の再生能力が予想を上回り「膨らみ」や「しこり」ができてしまいます。

万が一このような現象が起こった場合、ケナコルト(ステロイド)注射で対処する方法が挙げられます。しかし、術後数ヵ月は経過しないと対応が難しいため、しばらくはその状態で様子を見る必要があります。

成長因子を含むPRP皮膚再生療法によるリスクを下げるポイント

このような副作用を起こさないために、適切な「注入量」「配合比率」を事前のカウンセリングで確認することが大切です。

PPR皮膚再生療法は、患者様一人一人の症状や年齢によって「配合比率」「注入量」「注入場所」を見極める力が必要です。これを誤ると、「期待していた以上の効果が得られなかった」「膨らみすぎてしまった」「しこりになってしまった」という失敗・トラブルを引き起こしてしまいます。

しっかりと効果を出すためには、PRPの専門性と技術力の高い医師やクリニックを選ぶことが大切です。

プレミアムPRP皮膚再生療法なら術後のしこりや膨らみの心配がない

PRP療法を検討していてもしこりや膨らみすぎといった危険性がやっぱり不安…という患者様にお勧めしているのが聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】と呼ばれる、PRPに成長因子を添加したものを注入する施術方法です。

この【プレミアムPRP皮膚再生療法】は、4 4,000件を超える多くの症例数に加えて、長年の研究で導き出された最適な【濃度】【注入箇所】によって施術に伴うリスクを最小限に抑えることが可能な治療です。

また、そうした点を見極め、そして注入を行うことが出来る医師が在籍しているため、”危険性”を感じる不安な気持ちにまでしっかりと寄り添ってくれます。

シミやほうれい線、たるみをあくまで自然に、そして安全に改善したいのであれば、聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

美原 寿之の写真 記事監修: 美原 寿之医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加