PRP皮膚再生療法による目の下のクマへの効果|持続期間なども解説!

鎌倉 達郎の写真 記事監修: 鎌倉 達郎医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法は、自身の血液を利用して目の下の気になるクマやたるみなどの皮膚症状を改善し若返り効果を発揮する再生医療です。この施術は、自身の血液を利用するのでアレルギーなどがほとんど見られないと言われています。

今回は、そんなPRP皮膚再生療法における目の下で気になるクマへの効果について解説します。

PRP皮膚再生療法による目の下のクマへの効果

目元のクマ・たるみは、脂肪のたるみや凹み・くぼみなどが原因となり目立ちます。シワと同様に年齢を感じさせる部分ですが、PPRを注入することで肌の組織そのものが増え、目の下にボリュームが出てふっくらとした仕上がりになり、身の回りの人に若返った印象を与えます。

この効果はPRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)が作用しているために起こります。この成分には、血液を凝固させる作用の他に組織治癒を促進する役割があり、肌に膨らみを与えるだけでなく弾力やハリを蘇らせ、肌質の改善も期待できます。

効果が現れるまでの期間・持続性

PRP(多血小板血漿)を単体で注入する場合、施術後2~3ヵ月かけて効果を発揮します。また、効果の持続は約1年程度と言われています。

PRP(多血小板血漿)に成長因子を含む場合、PRPを単体で注入するよりもやや早く効果を発揮し、効果の持続は約3年以上と言われています。

PRP皮膚再生療法は他の施術と違い、施術後すぐに効果を感じられずそれをデメリットとして捉えるケースもありますが、施術後の違和感が無く自然な変化が可能な施術とも考えられます。

PRP皮膚再生療法で起こりうる副作用

PRP皮膚再生療法は、自分自身の血液を利用して行う施術なので、副作用が起こりにくいと言われています。しかし、極稀に、施術後に「腫れ」や「内出血」の起こるケースがあります。このような「腫れ」や「内出血」が起こった場合には、医師に相談し診察を受けましょう。

プレミアムPRP皮膚再生療法はしこりや膨らみにも配慮した治療法です

聖心美容クリニックでは、PRPに成長因子を添加したものを注入する【プレミアムPRP皮膚再生療法】を提案しています。

44,000件を超える豊富な症例数や、長年の研究の結果、目元のクマといった症状にもしっかりと改善に導くことが出来る施術となりました。また、従来のPRP皮膚再生療法で懸念された腫れや内出血といったリスクに関しても限りなくゼロに近い治療効果を実現している、安全性の高い施術と言えます。

クマの治療において「効果が出るか不安」「術後のリスクが心配」といった場合は、聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

鎌倉 達郎の写真 記事監修: 鎌倉 達郎医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加