膝へのPRP療法で期待できる効果とは?治療にかかる費用や注意点を解説! 

鎌倉 達郎の写真 記事監修: 鎌倉 達郎医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP療法は、美容医療で使用されるほか、スポーツなどで損傷してしまった膝・関節の治療にも使用されます。自身の血液を利用するのでアレルギーや拒絶反応を起こす可能性も少ないと言われています。

そこで今回は、PRP療法の注射で膝の変形が治癒できるのかどうか、またその費用なども合わせて解説します。

PRP療法で膝へ注射した場合に期待できる効果

膝の「痛み」や「腫れ」などの炎症による症状は、膝の軟骨がすり減ることによって起こる場合が多いです。その場合には、PRP療法によって関節の炎症を抑制し、痛みの緩和をしたり変形を抑制したりする効果が期待できます。

主に、スポーツ選手で起こりやすいと言われている【ジャンパー膝(靭帯炎)】や【加齢とともに増加する変形性膝関節症】の症状がある方に、こうしたPRP療法がすすめられています。

PRP療法で膝へ注射する場合にかかる費用

PRP療法は、保険適応外の自由診療となるため、全額自己負担となります。膝へ治療を行う場合、1本あたりの費用は約30,000円~70,000円とされています。また、医療機関ごとに、初診時よりも2回目以降の治療で金額が下がるケースや、治療の回数によって金額が異なるケースもあるので、事前に医師に確認することが大切です。

PRP療法を受ける場合の注意点

術後のリハビリや追加治療について

整形外科領域でのPRP治療では治療後のリハビリも重要になってきます。また症状の改善具合によっては追加治療が必要な場合があります。

治療を受けられない方について

PRP療法は、悪性腫瘍の既往が見られる方は、PRP(多血小板血漿)に含まれる成長因子が原因となり、腫瘍を増大させる可能性があるとされているため受けることが出来ません。また、妊娠中や妊娠の可能性がある方も、胎児にどのような影響を及ぼすのか実証されていないので基本的に受けることができないと言われています。

上記の症状や、その他懸念される点がある場合は、念の為事前カウンセリングで医師に相談しましょう。

膝の変形をPRP療法による注射で治したい場合はまずカウンセリングから

PRP療法を行う上で、患者様一人一人の年齢、症状などから「注入量」「配合比率」「注入場所」を最適に見極める技術が必要です。これを誤ると、「期待していた以上に効果が得られなかった」などという失敗・トラブルを引き起こしてしまいます。

しっかりと効果を出すためには、PRP療法の専門性と技術力の高い医師・クリニックを選ぶことが大切です。

鎌倉 達郎の写真 記事監修: 鎌倉 達郎医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Henrik Borgstrom Womens Jersey