PRP皮膚再生療法で拒絶反応は起こる?起こさないための対策も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法を検討していても、施術後の副作用や拒絶反応が心配…という人も少なくありません。

そこで今回は、そんな不安を払拭すべく、PRP皮膚再生療法の拒絶反応に関する様々な情報をご紹介していきたいと思います。

PRP皮膚再生療法で拒絶反応は起こりにくい

基本的に、自身の血液を利用しているので、拒絶反応が起こる可能性は極めて低いと言えます。しかし、極稀に、術後に赤みや熱感を伴う腫れ、過度な皮膚の膨らみなどの症状が見られることがあります。

症状が現れた場合には、早急にクリニックの医師に相談して対処する必要があります。

PRP皮膚再生療法で稀に起こりうる副作用

PRP皮膚再生療法は、副作用を起こすケースは非常に低いですが、施術後に「腫れ」や「内出血」が起こることが考えられます。ほとんどが約1週間~2週間で落ち着くと言われていますが、症状が続く場合は、血液を採取しPRPを抽出する過程で細菌に感染し、患部が感染症を引き起こしている可能性も考えられます。

PRP皮膚再生療法を受けるなら専門性・技術力の高い医師やクリニックを選ぼう

PRP皮膚再生療法では、患者様一人一人に合った「配合比率」「注入量」「注入場所」を見極める能力が必要です。 これを誤ると、「期待していた以上の効果が得られなかった」「アレルギー反応や拒絶反応が起きてしまった」「膨らみすぎてしまった」などという失敗・トラブルを引き起こしてしまいます。 しっかりと効果を出すためには、PRPの専門性と技術力の高い医師・クリニックを選ぶことが大切です。

プレミアムPRP皮膚再生療法なら副作用も起こりにくい

聖心美容クリニックでは【プレミアムPRP皮膚再生療法】と呼ばれる、PRPに成長因子を添加したものを注入する施術方法をお勧めしています。

44,000件を超える症例数と数々の研究により、拒絶反応はもちろん、腫れや内出血といった注入後の症状も限りなくゼロに近い施術となりました。

「施術後の症状が心配…」という場合でも安心してコンプレックスを改善出来る聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】を検討してみてはいかがでしょうか。

佐々木 直美の写真 記事監修: 佐々木 直美医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加