PRP皮膚再生療法でニキビ跡の凸凹は治せる?効果を高めるポイントも紹介!

大井 弘一の写真 記事監修: 大井 弘一医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは、自身の血液を利用し、気になるシワなどを内側から治す、再生医療の一つです。この施術は、肌質の改善が期待できると言われていますが、ニキビ跡の凸凹にも効果はあるのでしょうか?

そこで今回は、ニキビ跡の凸凹をPRP皮膚再生療法で改善できるのかという点や、PRP皮膚再生療法でより高い効果を発揮するためのポイントを紹介します。

PRP皮膚再生療法でニキビ跡の凸凹が治すことができる

PRP皮膚再生療法は、ニキビ跡の凸凹を治すことが可能と言われています。

肌は上から「表皮」「真皮」「皮下組織」で成り立っています。このニキビ跡は肌の奥の真皮がダメージを受けている状態です。このダメージを受けている真皮に、PRPを注入することで細胞が増殖、修復を始めるのです。

このような流れから、肌の奥のダメージで減少してしまったコラーゲンなども時間をかけて増やすことで、肌の力を十分に引き出しニキビ跡の凸凹を再生することが可能になります。

ニキビ跡の凸凹が治るまでにかかる期間


成長因子を含まないPRP皮膚再生療法は、効果が出るまで2~3ヵ月程度かかります。一方で成長因子を含むPRP皮膚再生療法は、1~3ヵ月で効果が現れると言われており、肌をボリュームアップすることで深いシワなどにも対応できるなど効果にも差があります。

また、PRP皮膚再生療法は、数日で効果が現れるヒアルロン酸のような施術と比べて徐々に効果が現れるので違和感が少ないのが特徴です。

PRP皮膚再生療法を検討中なら聖心美容クリニックへ

聖心美容クリニックでは、プレミアムPRP皮膚再生療法という施術を提供しています。長年、再生医療分野において研究を重ね、豊富な症例数や学会での発表なども積極的に行ってきました。

そうした経緯も踏まえ、高い技術力と専門性を兼ね備えた医師が丁寧なカウンセリングを行います。その上で、患者様一人ひとりに合わせた適切な注入量や濃度、注入箇所を見極めて施術を行い、高い効果を実感することも可能です。

PRP皮膚再生療法を検討中なら、まずは聖心美容クリニックにご相談下さい。

大井 弘一の写真 記事監修: 大井 弘一医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加