PRP皮膚再生療法による膨らみすぎてしまう原因や修正方法を紹介!

伊藤 康平の写真 記事監修: 伊藤 康平医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは、自身の血液を利用し、PRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)を採取し注入することで、創傷治癒能力が高まるという再生医療の一つです。そうした革新的な施術ですが、注入後に皮膚が膨らみすぎてしまうことがあります。

そこで今回は、そんなPRP皮膚再生療法の施術後に起こってしまうこともある【膨らみすぎ】について解説します。

施術部位が膨らみすぎてしまう原因

PRP皮膚再生療法では、「濃度」「注入量」「注入箇所」などを誤ってしまうことで施術後に膨らみすぎてしまうケースが稀にあります。

特に成長因子の働きが出始めたときに「膨らみすぎ」や「しこり」が出てしまう可能性があります。組織の再生力に対して効果が予想以上に上回り、過剰な膨らみが出てしまうと考えられています。

PRP皮膚再生療法で膨らみすぎてしまった場合の対処法

膨らみすぎてしまった場合、ケナコルト注射(ステロイド注射)などで症状を修正することが可能な場合もあります。

しかし、基本的にはこうした膨らみすぎが起きてしまわないように施術を行いますが、万が一気になる症状が出てしまった際には、一度クリニックに相談するようにしましょう。

PRP皮膚再生療法を受けるならクリニック選びは綿密に行うことが大切

PRP皮膚再生療法は、注入を行う医師によって実感出来る効果に差が現れやすい治療方法と言えます。また、注入時における「濃度」や「注入箇所」といった部分を適切に見極めるためには多くの研究や症例数を重ねていないと”難しい”治療とも言われています。

だからこそ、こうした点を加味した上で、治療に臨む際は事前にそのクリニックがどれほど研究を重ねているか、また具体的にどれだけの症例を扱っているか、といった点にも留意してクリニックを選んでいくことが大切です。

伊藤 康平の写真 記事監修: 伊藤 康平医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加