PRP皮膚再生療法で起こりうる副作用とは?対処法や注意点も

大井 弘一の写真 記事監修: 大井 弘一医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは自身の血液を利用して、気になるシワやたるみなどのコンプレックスを改善させることができる再生医療です。しかし、施術を行う上で副作用は気になる点のひとつだと思います。

そこで今回は、そんなPRP皮膚再生療法の副作用について解説します。

PRP皮膚再生療法で稀に起こる副作用

PRP皮膚再生療法は、自身の血液を利用しているため、副作用を起こす可能性は極めて低いと言えます。しかし、ごく稀に下記のような副作用が起こる場合があります。

腫れ・内出血

施術後に、「腫れ」や「内出血」を起こすケースがあります。主に、目の下や手の甲など皮膚の薄い部分で起こりやすいですが、基本的には約1週間~2週間で消失すると言われています。

膨らみすぎ・しこり

施術後に「膨らみすぎ」や「しこり」が残るケースがあります。これは、「配合比率」「注入量」を誤ることで組織の再生能力が上回ってしまい起こると言われています。この現象は成長因子を加える方法の場合に発生するでしょう。

万が一「膨らみすぎ」や「しこり」ができてしまった場合、ケナコルト注射で対処する方法もありますが、腫れなどの関係により施術後数ヵ月経過をしないと対応できません。また、皮膚の内部でコラーゲン物質が残ってしまうことにより、しこりを消失させることがない場合もあります。

PRP皮膚再生療法の副作用以外に注意すること

感染症・アレルギー反応

PRPを抽出する工程の中で、感染症などのウィルスが混入する可能性がまれにあります。「腫れ」や「内出血」が一定期間を過ぎても回復に向かわず、熱感・かゆみなども続く場合、感染症の疑いがあると言えるでしょう。

プレミアムPRP皮膚再生療法なら術後の副作用も起こりにくい

聖心美容クリニックで行っている【プレミアムPRP皮膚再生療法】は44,000件を超える症例数と長年の研究により圧倒的な技術力を誇っています。豊富な症例数や専門性の高い技術によって術後のリスクが限りなくゼロに近い施術を実現しました。

施術において気になる副作用も、一人一人にあった「配合比率」「注入量」「注入箇所」を見極めることが出来る医師が在籍しているため極力抑えた形で高い効果を得ることが可能です。実際に治療を受けられた患者様も「腫れやしこりなどの副作用が気にならない」と定評を得ています。

リスクにも細心の注意を配り、かつ大きな効果を得ることが出来る聖心美容クリニックの【プレミアムPRP皮膚再生療法】、シワやたるみで悩んでいる方は検討してみてはいかがでしょうか。

大井 弘一の写真 記事監修: 大井 弘一医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加