PRP皮膚再生療法で内出血は起こる?起こさないための対策を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは、自身の血液を利用しそこに含まれるPRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)を抽出、気になる部分に注入することにより、気になるしわなどの皮膚症状を回復させる再生医療の一つです。

このPRP皮膚再生療法において、副作用として内出血が起こる場合があります。今回は内出血が起こる原因や対処法などを合わせて解説します。

PRP皮膚再生療法で内出血が起きる原因

内出血は、PRP注入時の注射針によって毛細血管が傷付けられた結果、皮膚の内部で出血することで発症してしまいます。

比較的皮膚の薄い目の下や皮膚の浅い場所で目立つことが多いと言われています。

PRP皮膚再生療法による内出血が続く期間


個人差はありますが、起きてしまった内出血は2週間程度で落ち着くと言われています。ただし、皮膚の薄い目の下や手の甲などの部位に注入する場合は、他の部位と比べてやや長引く可能性があります。

内出血が起きた場合の対処法は冷やす

内出血の症状が出た場合はすぐに冷やしましょう。内出血は、皮膚の内部で出血し、炎症などが起きている状態です。まずは早めに冷やし、安静にし、圧迫することで出血を止めることが重要です。

保冷剤にタオルを巻いたものや氷嚢などを使って、医師の指示に従ってて対処しましょう。冷たいものを直接皮膚に当てると、表面が凍傷を起こしてしまう恐れもあるので注意してください。

内出血を防ぐにはドクターの技術が大切

内出血の原因は注射針で誤って血管を傷つけることです。どんなに注意深く気を付けていたとしても100%防ぐのは難しいと言えますが、技術の高い医師であればそのリスクを軽減することは可能です。もし内出血などのダウンタイムの症状が心配であればできるだけ、技術・経験を持ったドクターを選ぶようにしましょう。

杉原 真梨子の写真 記事監修: 杉原 真梨子医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加