PRP皮膚再生療法の効果はいつから?持続期間はどのくらい?

伊藤 秀憲の写真 記事監修: 伊藤 秀憲医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法とは、自分自身の血液を利用したPRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)を注入することで、シワなどに対するアンチエイジング効果等が期待できる再生医療のことです。

そこで今回は、そんなPRP皮膚再生療法の持続期間について紹介します。

PRP皮膚再生療法の効果の持続期間

[成長因子を含まない]PRP皮膚再生療法の場合

施術後、2~3ヵ月かけて気になる加齢症状を改善していきます。

注入後すぐに効果を発揮するものではなく、時間をかけて徐々に効果が現れるのでデメリットとしての捉え方もあります。しかし施術後の違和感が少なく、自然な回復が可能です。

効果の持続期間は1年程度ですが、施術効果が衰えても肌の若返り効果は持続します。

[成長因子を含む]PRP皮膚再生療法の場合

成長因子等を含まないPRP皮膚再生療法に比べ、ヒアルロン酸などの注入治療に近いボリュームアップが可能なことに加えて、比較的早い段階で症状の改善が見られます。しかし時間をかけて徐々に効果を発揮することに変わりはないので、違和感がなく変化を及ぼすことができるでしょう。

また、効果の持続期間は3年以上となります。このことから、成長因子などを含めることで持続効果が高まると言われています。

ヒアルロン酸注射による効果の持続期間との違い

注入法のシワ治療には、PRP皮膚再生医療とヒアルロン酸注入法が挙げられます。

ヒアルロン酸注入法の場合、効果の持続は6ヵ月~1年ほどで時間とともに身体に吸収されてなくなってしまうので、気になっていたシワが再度現れてしまいます。

PRP皮膚再生療法を受ける際の注意点

施術後に、腫れ・痛み・内出血(皮下出血)が起こる場合がある

注入時の針は、極細針で施術を行うため施術中の痛みや施術後の内出血を軽減します。しかし稀に腫れ・痛み・内出血(皮下出血)などの症状を引き起こしてしまうケースも考えられます。その際、腫れは数日続く可能性があり、内出血(皮下出血)も数日程度続く可能性があります。

悪性腫瘍の既往がある場合は施術を受けられない可能性がある

基本的に悪性腫瘍の既往がある場合には、PRP療法により腫瘍を増大させる可能性があるため治療を受けられないことがあります。

施術の前の事前カウンセリングでクリニックの医師に必ず伝えましょう。

施術後は安静にすることが大切

施術当日は注入したPRPが体内で拡散して効果が薄れてしまうことを防ぐため、飲酒・激しい運動・マッサージは避けるようにして下さい。また、施術当日の入浴はできるだけ避け、シャワーで済ませるようにしましょう。

PRP皮膚再生療法を受けるなら事前のクリニック選びが重要

PRP皮膚再生療法は施術を受ける方の年齢や肌の状態によって適切な濃度や注入箇所の見極めが重要と言われています。そのため、施術を検討している場合はそういったポイントをおさえることが出来る医師の元で治療に臨むことが大切です。

こうした点を確認する方法として、クリニックの公式サイトに記載されている医師の経歴や、PRP皮膚再生療法の症例数なども確認しておくことで、適切な治療を行ってくれるクリニックを見つけることが出来るでしょう。

伊藤 秀憲の写真 記事監修: 伊藤 秀憲医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加