PRP皮膚再生療法の効果が出るのはいつから?長持ちさせるためのポイントを解説!

伊藤 哲郎の写真 記事監修: 伊藤 哲郎医師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PRP皮膚再生療法は、自身の血液を利用して気になる皮膚症状を改善できる再生医療です。効果や持続期間、副作用の少なさから多くの支持を集めていますが、PRP皮膚再生療法を受ける方にとって、施術後の効果は気になるポイントの一つです。

そこで今回は、そんなPRP皮膚再生療法の効果について紹介します。

PRP皮膚再生療法の効果

施術部にボリュームを持たせ、ふっくらとした仕上がりになるので、若返った印象を持たせます。

これはPRP(多血小板血漿)が作用しているために起こります。この成分には、血液を凝固させる作用の他に組織治癒を促進する役割があり、肌に膨らみを与えるだけでなく弾力やハリを蘇らせ、肌質の改善も期待できます。

また、成長因子を添加したPRPを注入した場合は、肌質の改善の効果に加えてヒアルロン酸などの注入療法に近いボリュームアップも期待できるため、深いシワやたるみの改善も見込めます。

PRP皮膚再生療法の効果が現れるまでの時間

[成長因子を添加しない場合]

成長因子を添加しない場合、施術後2~3ヵ月ほどで効果を感じられると言われています。他の施術と比べ、徐々に効果が現れるので、違和感が無く自然な仕上がりになります。その後約1年間効果が持続します。

[成長因子を添加する場合]

成長因子を含む場合、成長因子を添加しない場合と比較して早めに効果が現れ、施術後1~2ヵ月ほどです。しかしこちらも皮膚の内部に段々と浸透し徐々に効果を発揮することに変わりはありません。

持続効果は3年以上と、成長因子を添加することで長期間の効果が期待できます。

PRP皮膚再生療法で効果が見られない場合

PRP皮膚再生療法において成長因子を添加しないものは、添加するものと比較して血小板の質によって効果の現れ方に差が出ると言われています。それにより施術効果が薄い場合があり、目の周りの深いシワなどの改善が見られない可能性もあります。

PRP皮膚再生療法を受けるなら経験豊富な医師が在籍するクリニックを選ぼう

PRP皮膚再生療法は、患者様一人ひとりの年齢や状態に見合った「濃度」や「注入場所」を見極めてから注入する必要があります。そのため、この治療を扱う経験が少なく、研究なども行っていないクリニックで施術を受けることは非常にリスキーと言わざるを得ません。

「PRP皮膚再生療法を受けたい!」というのであれば、まずはそのクリニックがPRP皮膚再生療法についてどれほど研究を重ねているか、また症例数は豊富かどうかなどにも注目して、専門性・技術力の高い医師が在籍しているクリニックを選択することが大切です。

伊藤 哲郎の写真 記事監修: 伊藤 哲郎医師

この記事の監修クリニック

         聖心美容クリニック

1993年開院。一貫して「高品質美容医療」をかかげ、「美容皮膚科・美容内科・美容再生医療」といった幅広い領域での実績があるクリニックです。 特にPRP療法では、全医師が技術研鑽を重ね、40,000件を超える豊富な症例実績を持っています。

聖心美容クリニックに相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加